ホーム >
 ホームページ観察記 
・第2回:『商用サイトを覗き見て…』

 大分、弱小検索サイトの管理人として板に付いてきた感のある管理人です。リニューアル当初のドタバタも過ぎ、微妙な安定期を迎え、時間の都合をつけては色々思案している今日この頃です。

 さて、第二回目の今回は、何故かサイト趣旨とは微妙に異なるビジネスや商用サイトについての報告をして行きたい、と思います。ちょっと愚痴っぽい内容になってしまうかもしれませんが、その辺りは検索サイトのオーナーとして経験の乏しい管理人のぼやき、とご理解下さいネ。

 図らずも、当サイト
MerveilleFashion&Designサーチに登録申請をなさって下さるサイトの、実に九割近くが何らかのビジネス、或いは商用サイトです。正直な処、これは当初、予想しておりませんでした。元々、特定ジャンルの個人HPの支援サイトとして存在していた当サイトですが、リニューアルを敢行し、サーチエンジンを置いてSEO対策やアクセスアップの手助けをモットーに掲げた処、敏感な反応を見せたのはこれら商用サイトだったんです。
 サイト趣旨上、ビジネスへの発展性や関与を考え、キーワードやコンテンツに取り込みましたが、これ程迄とは想像しておりませんでした。今ではすっかり慣れましたが、逆に個人HPやサイト趣旨に添ったサイトからの登録申請に対して、何故か無性に親近感さえ感じ得る昨今です。

 それは兎も角、多くの商用サイトからの登録申請を見ていて、またも多く感じ入る事がありました。その殆どが『
疑問』なのですが、他人事ながら不安を感じざるを得ません。本当に大丈夫なのでしょうか…?

 ITバブルが崩壊し、インターネットの発展性も微妙な処に来ています。そんな中、どうにも“
勘違い”をなされている方々や法人が多い様に思えます。
 家電化しつつあるパソコンとTV、ラジオに並んで一般的となった情報媒体であるインターネット。携帯電話程ではないにせよ、普及しきった感のある両者に対し、未だに取り組み方が以前のまま、と云う風潮がある様です。特に商用サイトには多く見受けられます。

 あくまでも検索サイトのオーナーとして、その登録申請を鑑みて私が思うに、オンラインでのビジネスや取引を行おうとしている方々の多くが、オフラインでのそれより程度が低く見えてしまいます。正直、「
なってません」、ハイ。前回でも触れましたが、大量のちらしやビラを撒く感覚での運営方針やキャッシュ目当てであれば、それ程間違いではないのかもしれません。或いは、情報の公開性や掲示性、誘導、法人としての恰好つけだけであれば何の問題もないのかも知れません。ですが、多くの場合において稀薄な感覚に苛まれます。特に取引を目的としたサイトや厳格な情報提供を目的としたサイトが、虚ろなサイト管理では話にならない気がします。
 どうやら弱小検索サイト、無償利用可のサーチエンジンとして軽く扱われているのかも知れませんυどうにも、ウェブと云う媒体を通す事で『
秘匿性』と云うか“匿名”を意識する方が多い様に思えます。何の害もない個人からの情報発信ならばまだしも、法人として、ビジネスとしてそれで良いのでしょうか?
 商用サイトともビジネスとも関与しない当サイトではありますが、以下に幾つか例を挙げてみます。是非、ご参考下さって「
好かれるサイト」作りに活用して下さい。

[1]在宅ワーク系・ネットビジネス系
 大変、多く見受けられます。本来、内職的、副収入的な意図からこれに取り組み、若干のお小遣いが稼げれば御の字、これぐらいの感覚で挑めば良いと思います。取り組みのスタンスは、コツコツ、或いは“
継続”がベストでしょう。
 実際に商品を販売する事であれば問題ありませんが、厄介なのが『
勧誘』でしょうか。大抵、勧誘フォームへのリンクを設置したサイトと云うものは、煽り文句を大きなテキストでダラダラと並べているだけです。テンプレートかマニュアルでもあるのでしょうか?
 これらの
勧誘サイトで問題なのは、小売と異なり、「更新が殆どない」事です。管理者のプロフも真偽の程が分からず、掲示板の様な双方向性を得る為のCGIも設置していない事が殆どです。そもそも勧誘を目的としている為、情報の公示性を隠匿しなければならない為であり、動的な反応を見る事がブラウザ上では不可能です。管理者自身も反応を見せない為、当然“更新履歴”の類もなく、いつ開設され、いつ更新されたのか、それ処か、今尚生きているのかさえ分からない場合が殆どです。やがて、放置されます。
 そもそも、この手のサイトを管理する場合、ビジネスとして取り組む姿勢が決定的に欠落している場合が多い様に思えます。楽をして簡単に稼ぐ、等考えない方が良いと思います。パソコンの前で寝て待てば儲かる、これが間違いです。特に物臭な人には向きません。同じくパソコンの前から動きたくないのであれば、懸賞サイトでポイントを稼ぐ方が余程、建設的と云えるでしょう。
 対応策としては、動的なコンテンツを置き、所謂、普通のサイトを良く見て学ぶ事でしょうか。勧誘サイトの一種異様なレイアウトは、数多のサイトと比較して殊更に浮いています。味気なく、素っ気ないサイトを見て誰が資料を請求するのでしょうか?少なくとも私は興味を持ちませんし、
Fashion&Designサーチへの登録はお断りします。相互リンク必須が最低条件ですが、それでも気持ち良いものではありません。
[2]アフィリエイト
 商用サイトの代名詞になりつつあるアフィリエイトサイト。ショッピングモール、情報紹介、代理店等です。アフィリエイト・プログラムは画像を伴う為、前述の勧誘サイトよりは見栄えに幅を持たせる事が出来ます。実際に、作り込みに凝ったサイトには違和感処か見事さを感じる事さえあります。卸しと販売、更に会計さえ迄、手間が掛からないと云う点では通常のネットショップより管理は遙かに楽です。
 レイアウトとデザインに凝った作りであれば問題ありませんが、自由度の高いアフィリエイトを用いたサイトは、それこそセンスと手間がダイレクトに反映してしまいます。
 手を抜いたアフィリエイトサイトは見るに耐えられません。GIFアニメーションが毒々しく乱立するサイトやいつ迄も同じ商品写真が飾られたサイトは放置されている様に見えます。アフィリエイトを詰め込む為にブラウザのサイズが大き過ぎるサイトも頂けません。何より、表示迄の時間が掛かり過ぎるサイトは、それだけでマイナスでしょう。
 対応策としては、作り込む事でしょうか。時間をかけて丁寧に作れば、それなりの反響が期待出来ると思います。サイト内容を絞り込み、関連性のあるアフィリエイトを用意するのが通例です。但し、闇雲なアフィリエイト広告は止めましょう。換金可能額に達する迄、どれ程クリックされるか、ページビューがあるかを考えれば、自ずと無意味である事が分かる筈です。関連性については、Google AdSenseあたりを参考にしてみましょう。
 関連性とは、サイトそのもの主題と同じもの、とは限りません。周辺や関与する商品、情報を意味します。本質的にはアフィリエイト単独での使用は避け、趣味的要素や情報掲載にこそ力を注ぎ、アフィリエイトは閲覧者の為にこそあるもの、と理解すべきだと思います。
[3]運営姿勢
 サイトそのものがある程度しっかりしている事が大前提ではありますが、最も大事な事がその姿勢です。実際の商取引ともなれば、表面的に取り繕う事も出来るのでしょうが、ウェブと云う特異な環境が内面を暴露させる事もある様です。
 中小検索サイトへの登録がキャッシュ集めとちらしの投函的意味合いである事は理解しておりますが、それにしても酷い態度の商用サイトや法人が目立ちます。立場は違えど、同じ中小なのですから、もう少し気持ちの良い、態度は取れないものでしょうか?
 例えば、登録申請の際、「
管理人へのメッセージ」と云う欄があります。Fashion&Designサーチでは相互リンクの貼り付け先であるページのURL記載欄となっていますが、挨拶の一つもない申請者の心は理解出来ません。私、「挨拶の出来ないヤツは嫌い」です…ハイ。
 コピペさえ煩わしい、と思っているサイトの管理人、或いは担当者とまともに付き合う事は出来ません。況して、取引等論外です。余りにも態度の悪いサイトは今後、メッセージを添えて注意を促すつもりです。
 ウェブと云う環境とメールでの遣り取り、と云う観点から意外と時間がかかるものです。時間が掛かっても、誠意ある態度こそ重要です。
 対応策はありません。心を入れ替えるか、「
自分がされて気持ちの良い態度」を心掛けましょう。誠心誠意をモットーに頑張ってみて下さい。

より具体的な箇所やレイアウト、技術に関しては割愛させて頂きますネ。と云うのも、当サイト
Merveilleは本質的にはファッション関連やデザイナー、クリエイターの為のポータルであり、ビジネスや商用サイトの支援はサポート程度にしか過ぎません。ご要望があれば、直接お問い合わせ下さい。誠意あるご回答をさせて頂きます。

 ちょっと横道に逸れますが、先月、不覚にも騙されてしまいました。検索サイトを運営している、と云う盲点を突かれた、と云うか、私自身が仕事で忙しく、寝不足による寝ぼけ眼で審査をしようとしたのがいけないのですが、見事にヤラれました。
 登録申請の際、妖しげな感じのサイトからのメールがありました。
Merveilleは、コスプレやネットアイドルの方々の支援も行っております。その妖しげな感じのサイトは、メール内容からアダルト的なニュアンスがありましたが、コスプレやネットアイドルの支援サイトの類、或いは撮影サイトとも取れる感じでした。サイトの内容を直接確認するのが一番なので、特にURLを確認もせず出向いてしまった訳です。
 そのサイトはインデックスそのものが微妙であり、年齢認証のリンクボタンが設置されていました。コスプレやネットアイドルの方のサイトの中には、卑猥な意味ではなく、敢えて年齢認証や嗜好性を訊ね聞くクッションページを設ける場合があります。コンテンツの中身は兎も角、クッションページではない、所謂トップページを確認する為、年齢認証ボタンをクリックした処、勝手に“
入会”したと云うJavaScriptによるアナウンスがポップウィンドウで開かれました。
 そうです、最も悪質な詐欺サイトだったんです。URLをしっかり見れば良かったのですが、メアド取得コードを組み込んだ会員ページにインデックスを偽装して送り込み、トップページへの認証ボタンも偽装だったのです。解約しようにも解約についての記事もなく、解約の為のボタンもありません。個人情報を引き出す為だけの問い合わせフォームのみが、その詐欺サイトオーナーへの接触なのです。自動配信されて来たメールには僅かに携帯電話の番号が記載され、振込先口座案内は会員ページへのリンクが貼られてあるのです。IPアドレスと訪問回数(クリック回数)を表示させるCGIと短期間に集中的に送り込んで来るメール、延滞金請求の際の訴訟云々と調査費用、代行費用云々…電子消費者契約法無視の典型的なワンクリック料金請求をする詐欺サイトです。
 勿論、無視です。以後、寝不足、疲労困憊、泥酔の時は審査をしない事にしました。この詐欺サイトとの出会い以降、申請にやって来たサイトの中にIDとパスワードを組み込んだURLによる登録が一件、明らかなアダルトサイト多数が現れましたが、当然、登録不受理、サイトにさえ訪問はしておりません。全く、碌でもない連中です。

 お金が絡むと、どうしてこうも人は傲慢になるのでしょう?詐欺サイトは問題外ですが、私を苛つかせるに足るサイトが多過ぎます。極僅かな良質のサイトからのアクセスを今日も又、祈りつつ、今回のレポートを終えさせて頂きます。次回は是非とも、楽しげな報告がしたいものです。それではまた。

- お問い合わせ -
当サイト内の掲載記事・画像の無断転載・転用・引用の一切を禁じます。
利用規約お知らせリンクについて広告掲載免責事項協力者募集ご意見・ご感想
Copyright(C) 2003-2005 Merveille All Rights Reserved.
Merveille
ファッション&デザイン総合ポータルサイト【メルヴェイユ】  Host Net Communications  Mascarade   国士無双  RPGサーチ