ホーム >
 のえるのオマージュでおまっ♪ 
・第3回:『コンセプト』

 とうとう、このサイトも独自ドメインを取得致しました^-^

 非商用サイトのウチが何故?答えは、極々シンプルです。より本格的なサイト運営の為です。
 コンテンツに乏しく、野暮ったいレイアウト、知識不足…わざわざ独自ドメインを取る迄もない、そう思われる方が大半だと思います。況して、非商用サイト、尚且つ、私自身の作品を披露する訳でもない、正に得体の知れない、“
”なサイトです。
 只、私自身のサイトコンセプトが明確になって来たんです。このサイトの主題です。


ジャンルを問わないデザイナーやクリエイター他全ての表現者達を支援協力

 その為に7つのスタンスでサイト運営する事にしています。

 [1]アクセスアップ支援
 [2]コミュニケーション
 [3]人間味
 [4]コラボレート
 [5]非特化
 [6]可能性
 [7]創造

 「アクセスアップ支援」は、検索エンジンをメインコンテンツとするこのサイトの大前提です。私が考えるアクセスアップ支援とは、“有意義なアクセス”の事です。この有意義なアクセスとは、見せ掛けのアクセスではなく、閲覧者の皆さんが能動的に探し求める行く事を意味しています。勿論、ランダム表示による偶発的要素やSEO効果をもたらすリンクを施し、純粋なアクセス数も増やしていますが、最も大事にしているのは“閲覧者各位の意志”なんです。

 「コミュニケーション」は、出来る限り積極的に行って行きたい、と考えています。折角、ウェブと云う双方向の媒体を通しているのに、表示させておくだけ、と云うのは勿体ないです。“機会”を逃すのは、本当に残念な事です。顔が見えない分、コミュニケーションは大事にしたいと思います。

 「人間味」と云うのは、ちょっと変わっているかも知れませんが、要は“事務的”にしない様に心掛けて行こう、とする戒めみたいなものです。これから益々増えるであろう膨大なデータを機械的に処理して行くだけでは味気ない、と考えているからです。検索エンジンの利用規約をある程度厳しくした事で、選定そのものは冷淡になってしまいましたが、その分、礼に適った態度や素晴らしいサイトに時間を割きたい、と考えています。幾ら優れたプログラムでも決して真似出来ないもの、それを目指しています。

 「コラボレート」に関しては、距離、年齢、経験、ジャンル等の境界を越えた先にある、より良いもの、を創造し得る機会をこのサイトで提供出来れば、嬉しく思います。全く新しいコラボレーションが生まれたとしたら、私もこのサイトを運営していて良かった、と感じるに違いありません。見た事もない作品や表現がここから生まれたとしたら幸せです。

 「非特化」…恐らく皆さんは不思議に思うかも知れません。デザイナーやクリエイター達を主軸としてサイトの方向性を専門化、若しくは特化すべき、と云うのが普通、だと思いますし、又、そう在るべき筈です。勿論、メインであり、最優先事項である事は間違いありません。ですが、全てではありません。既に大手サイト、著名サイト、老舗サイト等でファッションやデザイナー、クリエイター、アート等に特化した検索エンジンやリンク集、紹介サイトは無数にあります。そう云ったサイトは、アクセス数も抜群、情報量は膨大、質も頗る高く、より優れたプログラムを配しています。専門家を探し当てるにはベストですし、実利に富み、ステータスにもなるでしょう。しかし、敢えて私はそこ迄絞り込まない事にしました。
 と云うのも、専門化する事で能動的に“探しに来る人”は確かにいます。しかし、見た目程のアクセスが得られない筈です。これには大きく二つの要因があります。
 一つは競争の激化による閲覧者の取り合いです。良いものは良い、確かな事実ですが、人目に触れる事が出来なければそれ迄ですし、意外とデータの中に埋没されてしまうものです。探す意志、も噎せ返る程のデータを閲覧し続ける退屈さが妥協や諦めを促す可能性が高いのです。
 二つ目が重要な事ですが、実は専門化してしまうと閲覧者が同業者ばかりになってしまうんです。勿論、同業者同士の交流や協力は重要な事なのですが、“有意義なアクセス”、つまり、顧客の確保には繋がらない事が多いのです。
 非特化を掲げる理由として、偶然性を誘発する為です。一見、「アクセスアップ支援」と相反し、SEMやSEOとは全く正反対なものなので、笑われるかもしれませんが、総合的な情報を置く事で様々な目的意図を持つ閲覧者が訪れ、偶発的な発見によりサイトに導く為です。これはアクセスそのもの数を増やすのではなく、“有意義なアクセス”の獲得の為の仕様です。偶然、そのサイトを発見し、クリックすると云う事は、興味がない場合には有り得ないからです。
 正確に云うと、総合的且つ専門的、を目指しています。云うなれば、発信者と閲覧者が分離独立し、尚且つ渾然一体化したサイトを理想としています。専門家が見て専門的、一般的には総合的、そう云った二面性を持たせる事が出来れば理想です。
 かなり、誤解を招く恐れがあるので書いて良いものか悩みましたが、偏り過ぎないバランスを常に心掛けて行きたい、と思っています。専門情報と総合情報の割合が8:2ぐらいを目指していますが、どうも現状では逆になっている様です。未だ未だ、努力が足りません^-^;

 「可能性」とは、このサイトそのものの発展性を意味しています。「コミュニケーション」と「コラボレート」に付随するのですが、ユーザーの皆さんのご要望やご意見を出来得る限り尊重し、反映させ、常に成長し続けたい、と考えています。独善的にコンテンツを配置するのではなく、皆で作り上げるサイトにしたい、と考えています。検索エンジンへの登録審査やリンクに関して独断でさせて頂いている訳ですから、使い勝手やコンテンツにおけるご要望にはお応えして行きたいです。

 「創造」…これは期待です。ユーザーの皆さんと共に、このサイト自身から何かを創造し、発信する事が出来れば最高です。このサイトが、只、皆さんの出会いを仲介するだけのスペースではなく、一つの表現者として生まれ変わる事を期待しつつ、頑張って行きます。

 色々、述べましたが、先ずはこのサイトが皆さんに“必要”と思われる様、努力して行きたいと思います。検索サイトとしては、主張が強過ぎるとは思いますが、一風変わったサイトだな〜、と思って頂けたら幸いです。このサイトが、ロボット検索のキャッシュではなく、皆さんの記憶に残って貰える事を祈りつつ、又、次回お会いしましょう^-^

- お問い合わせ -
当サイト内の掲載記事・画像の無断転載・転用・引用の一切を禁じます。
利用規約お知らせリンクについて広告掲載免責事項協力者募集ご意見・ご感想
Copyright(C) 2003-2007 Merveille All Rights Reserved.
Merveille
ファッション&デザイン総合ポータルサイト【メルヴェイユ】  Host Net Communications  千葉のウェブ制作会社 | 有限会社アインス   国士無双  千葉県地域ポータル千葉通信.NET