ホーム >
 浅水翔子のコスプレコラム 
・第1回:『はじめまして』

初めまして!コスプレ系ネトアの浅水翔子です。今回からこちらでコスプレやネトアについてのコラムを書かせていただくことになりました。
よろしくお願いいたします。

■コスプレって何?
まず、ここからお話していこうと思います。
そもそも現在『コスプレ』という言葉には2つの意味があります。
・性的意味合いを持ち職業などのコスチュームを着てのプレイ。
・アニメやゲームのキャラクターの衣装を着て撮影などを行う。
私がお話するのは後者の方になります。
コスプレは70年代後半から行われていたそうですが私はまだ生まれていないので詳しいことはわかりません。詳しいことを知りたい方は
こちら[http://allabout.co.jp/entertainment/costumeplay/closeup/CU20020806A/index.htm]を見ていただければいいと思います。私なりの歴史については後日語りたいと思います。

今となっては日本のアニメ文化を語る上で欠かすことの出来ないこの『コスプレ』について私が知りうる限りのことを紹介していきたいと思います。

■コスプレをするには?
では、実際にコスプレをしている人たちはどうしているのでしょうか?
●衣装の用意
コスプレにまず必要な物は衣装です。最近では衣装ショップと呼ばれるお店やサークルと呼ばれるセミプロ(被服系学校卒業者)やアマチュアが衣装を作って販売してますが基本は手作りです。
理由は簡単です。
・買うと高い
・サイズがないとフルオーダーになってさらに高くなる
・マイナーな服を着たい場合は衣装が売っていない
衣装の相場は1万5千円〜上はキリがありません。ですが物によりますが5千円程度で出来ます。私も始めた頃からずっと作っています。

●撮影できる場所に行く
昔に比べて今はコスプレ出来るイベントが都内だと毎週、何カ所かあるくらい数は多いです。サイトで検察すればいろいろな会場が出てきます。
イベントの種類は大まかに分けると以下のようになります。
・同人誌即売会と一緒にコスプレも出来るイベント
・ホール等、室内でコスプレーヤーのために開放しているイベント
・遊園地とコラボしてコスプレーヤーが衣装を着たまま遊べる(遊園地系イベント)
・スタジオハウスなどスタジオを借り切って撮影をする(スタジオ撮影会)
これらのイベントはすべて参加費がかかります。料金はイベントによってまちまちですがコスプレーヤーですと500円〜3000円、カメラマン(コスプレをしないで写真だけ撮る人は1000円〜6000円になります。

これだけ見ていただければ分かるようにコスプレはとってもお金がかかります。でもそれは、作品、キャラクターに愛があってこそかけられる訳です。
萌え系株が儲かると言われてる最近ですが本当に関連事業はここ数年で急成長しています。私が知っていることや考えをこれから書いていこうと思います。
よろしくお願いいたします。
次回は浅水翔子の個人的なコスプレ歴史編です。


浅水翔子 浅水翔子(あさみ しょうこ)
都内でコスプレイヤー&ネットアイドルとして活動中!!
ネトアというより役者っと言った方がいい気もする。
コスプレ歴は10年。
今はとにかく衣装作りとダイエットに夢中(><)
個人的にメイドさん大好きです。

HP雑草の尾

- お問い合わせ -
当サイト内の掲載記事・画像の無断転載・転用・引用の一切を禁じます。
利用規約お知らせリンクについて広告掲載免責事項協力者募集ご意見・ご感想
Copyright(C) 2003-2005 Merveille All Rights Reserved.
Merveille
ファッション&デザイン総合ポータルサイト【メルヴェイユ】  Host Net Communications  Mascarade   国士無双  RPGサーチ